火曜日, 2020年11月24日

心のSOSにはどう対処すればいい?失敗しない心療内科の選び方


心療内科はどこを選んでも同じじゃないの?

気分の落ち込みが続く、病院で検査しても異常は見つからないのに、不快な症状がでる…。それは心がSOSを発信している証拠かもしれません。そんな時頼りになるのが心療内科。医師があなたの心の叫びをしっかり受け止めながら、治療をすすめてくれます。ですが一口に心療内科といっても、同じ病気に対しても治療方針が異なるケースなども少なくなく、どの心療内科を選ぶかでその後の状態も変わってきます。そのため、診療内科選びはとても重要なのです。

薬を必要以上に処方していないか

メンタルの病気の治療でも、薬を服用することになります。たとえば鬱病やパニック障害といった病気では、セロトニンという脳内物質を補うSSRIや、抗不安薬などが処方されますが、特に抗不安薬は依存性が高く、長期の多量服用は様々な弊害が生じるといわれています。それを避けるため、注意深い医師であれば抗不安薬を半錠ずつ服用することを推奨したり、処方する抗不安薬の量を調整してくれます。ホームページなどで処方に関することを記載している心療内科もあるので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

医師はしっかり話を聞いてくれるか

心療内科で治療を受ける場合、通院が長引くことも少なくありません。ある程度通院期間が長くなってくると、軽く問診をしただけであとは薬を処方して終わり、という心療内科もあります。ですがメンタルの病気も症状が改善したり悪化したり、症状に変化が出やすいため、そのような変化をきちんと医師がキャッチしてくれるのかという点も、症状を左右する鍵を握っています。医師は顔を見ながら話をしてくれるか、しっかり時間をとってこちらの話を聞いてくれるのか、この2つも見逃せないポイントです。

品川の心療内科は、駅から徒歩数分で行けるクリニックがありますので、学校帰りや仕事帰りでも気軽に立ち寄ることが出来て便利です。