日曜日, 2020年5月31日

眠れない!そんな時は心療内科を受診しよう


眠れない原因は?原因不明な場合もある

一日くらい眠れない日があることは、多くの人が一度は経験したことがあるでしょう。楽しみな行事の前日や、重要なプレゼンが近づいているときなどは眠れないという人もいます。すぐに改善される場合は良いですが、眠れない日が何日も続くと、次第に体力や集中力も落ちてきて、日常生活に支障が出ることがあります。学校や、仕事に影響が出始めたり、不眠が原因で夜が来ることが怖いという場合は、心療内科に相談してみると良いでしょう。不眠の原因は多種多様です。ストレスや、緊張から不眠に陥る場合や、うつ病などの病気が原因で不眠になることもあります。また、原因不明の不眠もあるため、自己判断せずに専門医に診断を仰ぐことが、解決への近道ともいえます。

心療内科ではどんな治療をするの?

病院というと、何となく物々しい雰囲気がして苦手意識を感じている人も多いかもしれません。不眠の治療は、治療とはいっても手術をするわけではありません。医師との会話だけで終わる場合もあり、気軽に受診することができます。不眠の治療法としては、原因が明らかである場合や軽症の場合は、カウンセリングのみで投薬なしで様子をみることも多いようです。重症の場合や、即効性を求める場合は、睡眠導入剤を使用することもあります。また、うつ病や躁病などの病気が潜んでいる場合は投薬を慎重に行う必要があるため、じっくりと診断に時間をかけることもあります。我慢することで悪化する可能性もあるため、気になる不眠症状があれば心療内科を受診してみましょう。

毎日漠然とした不安感に包まれている、急に趣味や仕事に無気力状態になってしまった、このような状況に陥った時は、岡山の心療内科に通う、という手段があります。